歯科医院でボトックス療法!若返りが期待できる

ボトックスをした女性のイメージ

歯科医院と聞くと、やはり虫歯や歯周病の治療を受ける場所というイメージが強いでしょう。
しかし近年大きく注目を受けるようになってきている審美歯科治療を行う歯科医院では、悪くなった歯を治療するのではなく、美しく見える状態へと変えるための治療が行われます。
例えば見栄えの悪い歯並びを矯正したり、着色汚れが付いてしまった歯の色を白くすることで、現在の歯の見た目を改善して、より魅力的な顔に見えるような治療です。

さらに、直接的には歯に関係しないように思える美容のための施術の中にも、歯科医院で受けられるものがあります。
それは加齢によって生じる容姿の衰えに対して行われる老化防止、いわゆるアンチエイジングのための施術です。
その代表例として挙げられるのは、アンチエイジング効果の高さで有名なヒアルロン酸注射とボトックス療法です。
それらの施術には一般的には美容クリニックで受けるものだというイメージが大きいかも知れませんが、実は歯科医院でもそれを受けられるところが近年増加しています。

歯科医院で受けられるヒアルロン酸注射は、主にほうれい線を始めとする口周りのしわが気になる場合に、それを改善するために行われます。
ヒアルロン酸はもともと体内にも存在する成分なので、体への負担が極めて小さいという点が大きなメリットです。

ボトックス療法とは、ボトックスと言う薬剤を注射して行うものなのですが、そのボトックスはボツリヌス菌という病原菌から抽出した成分から作られています。
病原菌から作られているとは言っても、もちろん毒性は除去されているので、安全性に関する心配の必要はありません。
そのボトックスを注射すると、その部分の筋肉の働きが弱まります。
その作用を利用して、歯科医院では顎関節症の治療を目的としても用いられるのですが、女性の間ではアンチエイジング目的でそれを受けに来る人が少なくありません。

ボトックス療法により若返りが期待できる理由としては、ほうれい線を始めとする表情しわを改善することができるという部分が大きいと言えます。
表情しわができている部分の筋肉の働きが弱められることでしわができにくくなり、その状態が続くとすでにできているしわも徐々に目立たなくなっていきます。
またこのボトックス療法には、しわと共に年齢を重ねると目立ってくることの多い顔のたるみを目立たなくしたり、ハリを与えるといった効果が期待できると言われており、それらに悩まされている人の若返りも期待できるでしょう。