MENU

おすすめのMVNO業者はどこ?

SIMロック解除の義務化に伴い格安SIMを取り扱う業者、MVNOが今かなり増えています。

 

スマホの料金を安くしたいけど、いったいどのMVNO業者と契約するのが良いのか?数が多すぎて分からないという方も多いのではないでしょうか。そこで当サイトではそんなMVNO業者の選び方のコツと、おすすめのMVNO業者の紹介をしています。

 

これからMVNO業者と契約し、格安SIMを使ってみたいという方は参考にしてください。

 

 

MVNO業者選びのコツ

大手キャリアの場合はほとんどプランや料金に違いが無いので、どこと契約してもそれほど違いもありませんよね。しかしMVNO業者はそれぞれ特徴のあるサービスを提供しており、どこと契約しても同じように使えるわけではありません。

 

場合によっては割高になってしまったり、不便になることもあるのでいくつかポイントを紹介します。

 

通話にも対応しているか?

MVNO業者によってはデータ通信のみ対応のSIMしか扱っていない場合も有るので注意。料金がものすごく安いのでこの業者にしよう・・・と思っていざ申し込んだら、通話に対応していなかった・・・

 

そんなこともMVNO業者では起こります。最初からデータ通信のみの格安SIMを探しているなら問題ありませんが、通話対応の格安SIMを探すのであれば、ちゃんと通話にも対応しているかどうかを事前にチェックするようにしましょう。

 

最低利用期間のチェックを忘れずに

MVNOの格安SIMは業者によって最低使用期間が異なります。データ通信SIMの場合は最低使用期間が無い場合がほとんどですが、通話対応のSIMの場合は半年〜1年と差があります。

 

大手キャリアと比較すると期間は短いですが、半年と1年では結構違いもありますよね。こうした点も契約前に確認しておくことをオススメします。また、最低使用期間内での解約の場合の違約金の額もMVNOによってさまざま。こうした点も併せてチェックしておくと良いでしょう。

 

安定した通信速度は出ているか?

MVNOを使う上で非常に重要なのがこの通信速度。MVNO各社の通信速度は思った以上に違いがあり、全然速度が出ずネット利用が不便で仕方ない・・・なんてことも起こります。もちろんスマホの料金を安くしたいというのがMVNOを利用する目的だと思いますが、使い勝手が悪いのでは話になりません。

 

自分が契約しようと思っているMVNO業者がどの程度の通信速度を維持しているのか?ここは必ずチェックするようにしましょう。当サイトでも情報はお届けします。

 

ちなみに通信速度で大事なのは高速であること以上に「安定した速度が出る」こと。MVNOの通信速度は大手キャリアと比較すればどうしても落ちます。しかし、日常使う分にはある程度の速度、具体的には下り1Mbps程度出ていればほとんど困りません。

 

問題なのは1Mbpsも出ないMVNOもあるという点。ものすごい速度が出る時間帯もあるけど、全然速度がでな時間帯もあるというのではやはり不便をかじることがあります。なのでさほど速度が速くなくても、安定した速度を提供してくれているMVNO業者がおすすめなのです。

 

 

おすすめのMVNOランキング

 

1位:DMMモバイル

DMMが提供する格安SIM。通話にも対応していますし、プランが豊富で料金も最安値の価格帯。

 

1GBや2GBといった低用量のプランから10GBや15GBといった大容量のプランもあり、また複数枚のSIMを使えるシェアプランもあるので家族での乗り換えにも便利。オプションも豊富に用意されていたり、専用アプリもあって使いやすいMVNO業者です。

 

始めて使うにもおすすめのMVNOと言えるでしょう。

 

楽天モバイル

楽天が提供する格安SIM。プランの種類は少ないですが、料金的にはかなりお得ですし速度も比較的安定して出ているMVNO。

 

端末同時購入の際の割引(楽天ポイントによる還元)が豊富で、場合によっては他のMVNOよりもかなり安く端末を購入することができます。なのでMVNOに乗り換えるに当たり、端末も買い換えようと考えている方におすすめと言えます。楽天モバイルでしか扱っていない端末もあったりするので要チェック。

 

mineo

ドコモ、au両方の回線を提供するのが特徴のMVNO。

 

ほとんどのMVNO業者がドコモ回線を使っているので、auユーザーがSIMロック解除せずに格安SIMを使うならmineoがおすすめ。もちろんドコモ回線も提供しているのでドコモゆざーにもおすすめです。

 

また、mineoの魅力はその速度。他社と比較しても通信速度が比較的安定して高速です。料金プランはあまり多くありませんが、500MBといった低用量プランから5GB間でのライトユーザー向けのプランをラインナップ。